明治乳業のR-1をお腹のためと思い、がぶ飲みして痛い目にあっているうどんです。こんにちは。
過ぎたるは及ばざるがゴト師。

もの凄い変換してくるね。


戯言はさて置き、便所サンダルシマノのクリッカーが重いなーと思いつつも、ビンディングにちょっとずつ慣れ、なんとなーく、ほんのわずかにその恩恵を受けることが出来ているのかな?って感じるようになりまして。

まあデザインがちょっと残念ってのがあるし、なんせ重い。
で、ちょっと軽くて本格的なヤツ欲しいなと思い始めたわけです。

今までの傾向として、エントリーモデルを使ってみてはすぐに上位モデルが欲しくなるってことが分かってきたので、今度はちゃんとしたのを最初から!と。
いや、クリッカーは何だったのか。ってのは置いといてね。

ほんでいつものショップに行きますと、以前から進められていたTIMEのXPRESSOにかっちょええカラーが入荷しているとのこと。

こんなやつん↓




かっこええやん!

店長曰く「うどんさんのバイクに似合うと思って。」


なんという営業トーク!
いやさー、、、つけるならこれだなーと思ったけど、そんな作戦にまんまと乗るわけにはいかんでしょ!カモ丸出しですやん。

ということで
170


どうも、ネギ背負ったカモです。すんません。

ペダルをこれにしたってことは、もちろんシューズも考えなればなりません。
ここで問題になってくるのが足の形状。

私、典型的な日本人。甲高幅広なんです。
そんな足をした私にも救世主が。

シマノさんにはワイドタイプっつー規格がございまして。これはええんちゃうか?と履きまくってみました。



…痛い。

本当にワイドなんか?なんか足先めっちゃ痛いで?
よゆうなんか全然ないで。
こんなもんなんか?


いや違う。痛い。

ワイドでもいかんかー

じゃあもう見た目とお値段で気に入った順に履いてみるか。
で、とりあえず一番かっこええやん!って思ったフィジークのコレ




履いてみるとあら不思議。
甲高幅広な私の足にめっちゃなじむ。
痛くないし、ゆるい感じや余っている感じもない。

ということで、見た目も形状も大満足な一足に出会えました。
クリートの着脱も便所サンダル程ではないにしろ、比較的簡単にできるし言う事なし。お店でちょっと練習させてもらいましたけど

クリッカーと比べ、シューズ、ペダル共に圧倒的に軽い。
モアイ似の店員さん曰く「軽さは正義」
何言ってんだコイツ?って思っていましたが申し訳ございません。
ペダルが軽いと回しやすい。楽。ひじょーーーに楽でございます。

あと、しっかり固定されてるという安心感がすごい。
ビンディングデビュー当初は、固定されている不安感が大きかったけどね。立ちごけとか怖いし。
クリッカーの時は(ビンディング入門&練習用には最高だと思っています。)靴裏とペダルがくっついているだけってイメージやったけど、今回のエックスプレッソはペダルやギアひいては車体から太ももまで一体になってる感じ。

言い過ぎたかもしれん。

青の山や飯野山を登って遊んだりとしているうちに、疲れた足で踏み込んでもずり落ちない安心感。下り坂で速度が出ている中で踏み外すことのない安心感。
そっちの方が大きくなりまして。
これはもう病み付きです。

通勤には必要ないかもね。平地だし。
でも楽しいからええんや。

ちょっとずつ慣れて、もっと性能を活かせるようになったらええんやで。