ゆっくりで、ええんやで

チャリ漕いだり、カヤック漕いだり、釣りしたり、畑したり。 適度に田舎ライフをしつつね。 ゆっくりでええんやで。

2018年04月

暑くなったり肌寒かったり。
033

でも漕ぎ出せば心地よい。
そんなサイクリングには良い季節。


ツールドにし阿波。
四国で人気の高いサイクリングイベントのひとつ。

案内がきました。
005



Cコースで参加します。


楽しいよね。
にし阿波。


自走で行くかどうかはわかりませんが、お声掛けいただければ自走で行きます。
朝が早いのがちょっとしんどいけどね。
距離的にはイベントでの走行距離の誤差みたいなもので。

いかがです?

↓↓シゲタ↓↓


紫外線が強いですね。

元が色白の肌美人のため、日焼けすると赤くなって痛いのです。

でも無精者。手軽に使える日焼けどめないかなーと。
で、こいつを買ってみまして。
034

ウォータープルーフで水気に強い。でも落としやすい。
シトラス系の臭いが少しあるけど、手軽に使えて気に入っております。
035


ドラッグストアでもAmazonでもまあまあ。

プライムだと安くて送料無料やったんやけど、在庫が無くなってますね。

めっちゃ汗かいても大丈夫そうなのがええよね。

これからの季節、重宝しそうです。


↓↓シゲタ↓↓


ここ最近、帰宅ついでに近くの青の山を登ってから帰るようにしてまして。

昨年夏以降は登ってなかったのかな?
ほんで、今月。
陽も長くなってきたし、近いし。ってことでね。
003


聖通寺山と比べて、街灯もほとんどない暗い山道なので、明るいうちに帰れる時はこっちにしようと。
006


ここから望む飯野山も好き。
002


登ってるとポジションに違和感。
腰も膝も痛い。
で、サドルの前後位置を調整したり。

なんやかんや乗り慣れてくるもんやね。
最初はロードバイクに比べて重いだけの面白くないチャリだったけれど。

クロスバイクはクロスバイクで遊べて楽しい
001


一応STRAVAのセグメントもありまして。スタート位置とゴール位置をよく把握してないけど。
ここ最近の推移。
008

だんだんと乗り慣れてきとるんが見て取れます。
目指せクロスで10分台



↓↓シゲタ↓↓


早明浦ダム水量調査隊 ダム編

ダムね。
水いっぱいあった。

ほんじゃ帰ろ。

と、鬼の電話が鳴ります。

所用により、帰宅時間のケツが早まります。

いそげー
084


大歩危小歩危の自然を愛でつつ、
086

愛でつつ…
089


あれ?池田のセブンまで帰ってきてしもた。
BlogPaint


Kipodさんの完璧なパワー管理によるペース走にてスイスイと。
さすがでございます。

そして猪鼻峠で鬼、早退。
あっという間に背中が見えなくなりました。

下って、たからだの里で行列のできるアイスクリームを。
ヤマシーの良い話でアイスを溶かしつつ。
094

うまい。

買田ローソンで帰りの会して解散。
のそのそと帰ります。飯野山見ると帰ってきたって感じがするね。
BlogPaint


KT隊長、企画立案等ありがとうございました。
とても楽しかったです。
次回の西方面ライドも楽しみにしております。


↓↓シゲタ↓↓


早明浦ダム水量調査隊 前編の続き。


ラスト休憩を終えて、ダムはすぐそこ。見えてきました。
052


でかい。
053


デカさが伝わりにくいけど、でかい。
054


デカさを写真におさめるために四苦八苦。
BlogPaint


そんでダムの上を目指します。
Kipodさんが坂で消えます。

つづら折りを一つ曲がるともう居ない。

上で写真撮ってくれてました。
BlogPaint

BlogPaint


かっこええ背中でございます。
058


もうちょい進んで…。
062


ダムの上到着。
BlogPaint

ダムカード
067


こんな人工物造るんやもんな。
瀬戸大橋と似た感覚。
人間ってすげえなあと。
068


水は9割。
075

四国のいのち。
070


KT隊長も記念撮影。みんな自由。
072

なんか、山もダムもダム湖もスケールがデカすぎて。

藤棚と鬼。
073


さあ、水もいっぱいあったし。
帰るで。

↓↓シゲタ↓↓


↑このページのトップヘ