ゆっくりで、ええんやで

チャリ漕いだり、カヤック漕いだり、釣りしたり、畑したり。 適度に田舎ライフをしつつね。 ゆっくりでええんやで。

2018年10月



季節の変り目に滅法弱い。
急に寒くなり過ぎではないでしょうか?

日曜日も五色台。えっちらほっちら登ります。
BlogPaint


秋晴れの白峰ルート。
工事とかで少し走りにくいけど、しゃーない。
道を綺麗にしてくれている工事。感謝感謝です。


はい到着。
034

休憩してると汗が冷えて…。

下りが寒い。
持っててよかったおたふく手袋の腹巻。

暑かったら脱いでポッケに入れとく事の出来るサイズってのも良いですね。
ウェアに悩むこの季節、オススメです。
なんせ安い。

下っていますとOT65.1さんをはじめ、たくさんの自転車乗りの方々とすれ違いました。
気温は下がれど、みんな大好き五色台。
長指グローブが欲しい。



気温は低くなる一方ですが、寒くなってもちゃんと乗ってたいものです。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


むちゃんこブレーキの利くAC3。
お気に入りです。


BORA ONE 35 CL AC3


週末に洗車してましてね。
040


洗車前に、おや?と思い、ブレーキの辺りを見ますと。
037

おわかりいただけただろうか
分かり易いように片面の汚れの塊はとりました。

シューが凄い削れます。
削れたカスがシューからみょーんと飛び出しております。

でもブレーキはよく利きます。

シューはいくら削れてもええんです。
命を削ってはいけません。

ちゃんと制動する安心感。大事大事。

ちなみにシューはコレ。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




朝夕、肌寒くなってきました。秋も深まり木々が色付く季節です。
土曜早朝、チームFさんの朝練に参加させていただくことに。
朝バタバタしたため、ダイッシュで浜街道を。朝焼けが綺麗ね。
012


集合場所到着。おはようございます。
突然参加してすみません。

さあ
海岸線をヒーコラヒーコラついていきます。
そして五色台スカイラインもヒーコラ。
しんどい。
どうやったらみんなのように登り始めのキツイところをあんなにスイスイと行けるのだろうか…。


みち草到着です。綺麗になってます。自販機には早々とおしるこも。ありがたいです。
013


上がった心拍数がなかなか落ち着きません。出し切ってヘロヘロです。
落ち着くまで談笑。
楽しい

練習に参加させていただきありがとうございました。
同じ年齢の方々も多く、みんなが頑張っているから自分も頑張らねばと刺激を貰えました。


Fの皆様とお別れして、オリーブ練の皆様がみち草へ。
店長から新たなインソールについてお聞きして、興味津々です。


下っていますと良い青空。秋晴れです。
014

良いビューポイントの少ない白峰ルート。

帰って玉ねぎ植える準備。
017


シーズンインでございます。
↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



先月からひっそりと導入しているのがこちら。
BORA ONE 35
BlogPaint

矢印の先には噂のAC3の文字が。
こんな感じ。
010

音声ファイル形式のAudio Coding number 3ではありません。
アーマード・コア3でもありません。
All Conditions Carbon Controlらしいよ。知らんけど。

リムのブレーキ面に溝が掘ってあって、そいつの効果でブレーキがめっちゃ効くという噂のAC3
写真難しいね。
011

見えにくいけどこんな感じ。

仕様しているブレーキシューはこちら


率直な感想としては、ものすごくブレーキ効きます
アルミに比べたら劣りはするだろうけど。
従来のカーボンリムのホイールと比べるとって話で。
ややウェットで使ってみた感じも、従来の全く効かない不安感はないです。

お。これだけ効いてくれればええやん!という及第点クリア。
ただ、シューはゴリゴリ減ります。


細やかなタッチとかは従来品の方が好みという方は居ると思います。
フィーリングは全くの別物。

ホイール自体の乗り味は私程度では違いは分かりませんでした。
やっぱりBORAはBORA。キビキビ走ります。

制動。って大事。

価格も随分落ち着いてきたし、アリなホイールかと思います。

BORA ONE 35 CL AC3


もっと性能を使いこなせるように練習しないとなー。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




ちょっと気分をかえて。いつもだったらレオマってとこなんだろうけど。
BlogPaint


満濃池を一回チラ見
012


こんな感じ。
まんのう

満濃池から農免道路行くまでの地味な登り基調が結構しんどい。

そこまで頑張りすぎて農免ではヘロヘロでした。

ゲボォ


やぶの中から生き物の気配や音がこの日は2回。

こわいよね。


前日は一人で行ってたんだけど。この日も出た上に追いかけられまして。
ナニかは確認していません。犬か猿か猪か。
半泣きで逃げました。


毎度毎度付き合ってくれる皆に感謝です。
もし野生のナニかに追われても、走力的に私がケツモチ必須なので安心して下さい。
↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


↑このページのトップヘ