超軽量なのにやたらと疲れるエモンダSLRと、実走ほとんどしていないのに、今年一番乗っているローラー車のCAAD13。
この二台のフィッティングを。

K-FITTING
元競輪選手である菊池仁志さんが行っているスクールです。
現役時代、28年8ヵ月S級連続在籍という物凄いお方。
昨今の活動では、活躍しまくりの某M山J南高校自転車競技部のコーチをなさっている方です。
詳しくは上記リンクより。
ほんま凄いんですよ。


近況をお話しつつ準備します。
まずはエモンダから。
前回は10ヶ月程前に受けてそれから受けてなかった車体。

一発で見抜かれます。
まず体つきがガラッと変わったのもあり、大幅変更。

前側で踏んで上体が上手く使えていない状態だったのが、菊池さんが少し手を加えて行くたびに軽やかにペダルが回り、上体がリラックスした状態でパワーがかけられるようになっていくのが分かります。
体の動きを細部までチェックしつつ、微調整が続きます。
そして完了。
IMG_2534


ケツを使って、かつスムーズに脚が回ります。
股関節で詰まっていた感覚が皆無。
IMG_2617

嬉しい。
ギクシャクしていた車体と体の関係性が円滑に。


ほんでCAAD13
IMG_2535


エモンダに比べてスイートスポットが狭い感じ?
そんな車体でも菊池さんが調整するたびに格段に乗りやすくなります。

ローラーメインってことで、日々一番よく乗る車体となっているCAAD13。
だからこそちゃんと乗りたい。
自然に踏めて上体に変な負荷もかからない。肩や手が詰まる感じもなく、ストンと脚が回ります。
IMG_2615


もう何度も受講していますが、毎回感動します。

短期間でも体つきは変わるし、体に変化があればポジションも変わる。
そんな変化を読み取って、現段階での最高+αでセッティングしてくれる菊池さんの技術は国宝級です。

フィッティング中の会話もこれまた至宝で。
現在の私のコンディション不調に対するアドバイス。
説明下手な私から聞いただけの範囲だから、思い当たるいくつかの事例を元にどんなアプローチの仕方があるか。それでどういう段階を踏んで改善していくか。
分かりやすく、かつ実践しやすいように説明してくれます。


ヘタな文章で伝わらないかもしれませんがフィッティングも、質疑応答も、とても実りのある効果が得られます。

その真価が発揮できるかどうかは最終的には自分次第なんだけどね。
菊池さんのフィッティングを受けると自転車に乗るのがより楽しくなります。

体への変な負担も軽減されるから故障もしにくくなるし、なんせどんどん新たな境地が開かれて、そこが伸びていく感覚がね。楽しい。


しっかりコンディショニングしつつ、ちゃんと乗り込んで。
またリフィットの際に「変わりましたねー!」って言われるように乗り込んでいこ。

いやー、ほんま良い時間でした。ありがとうございました。

↓↓ハナ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村