ゆっくりで、ええんやで

チャリ漕いだり、カヤック漕いだり、釣りしたり、畑したり。 適度に田舎ライフをしつつね。 ゆっくりでええんやで。

カテゴリ:自転車 > シクロクロス


※↑サイズやカラーで価格が変わるのでご注意下さい。


昨夜のEMUはクソしんどかったです。
のっけからお口が悪くて失礼しました。

2本立て。まずはショート。
途中で千切れてスプリントもイマイチ。
image

名前がカレーじゃないからパワー出ない理論が。
いや、パワーは出ているんです。私なりには限界値。
image


ほんで2本目。
スタート前にアホな事を呟いていたら、ちょっと出遅れました。
でも、がんまさんやオゲさんが呟きを拾ってくれたので救われました。
image

橋で縦伸びしたところでドロップ。
中切れを起こすし、埋める脚もなく。
それでもまあまあな人数のパックが形成されて、しかもみんながガンガン回していきます。
良い集団です。見覚えのあるお名前も多く、サボれないなーと…。
最後は早駆けした気持ちを抑えてスプリント。
ふらっふら。

image

出来る事を一つずつ。
配信からはプシュっと聞こえてくるし
お酒飲めないけど、なんか羨ましい。

短めのレース2本立てでしたが、もうスッカラカン。
強度高くて出し切れました。
お疲れ様でした。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



↑↑ローラー台・トレーナー特集

相変わらずの河川敷CX練。
この日は友人のカメラマンさんがドローンの空撮練で参加。
被写体となります。
ドローンの機体名はMavic。
image


よーしのくんのSalaかっこいい。
写真はない。


ミッシーに翻弄され、シャレオツ先輩に煽られます。
BlogPaint

アンカーのマジョーラもかっこいい。


私、シケインは遅くはない方だと思うんです。
image

でも飛び乗りが遅い。ケンケンスタイル。
ほんでシケイン練習しまくってたら、左脚の四頭筋あたりがこむら返りみたいになりまして。
短距離ダッシュのような、普段使わない筋肉をいきなり使うとこうなるよね。
組合長にもそんなご指摘を受けて、練習方法のアドバイスをもろたり。


おっさんCXの敏腕メカニックBIBAさんも様子を見に来てくれて。
久々に機材談義が出来て楽しゅうございました。


最近周りでお怪我がされてる方がポツポツと。私も含め。
昨日CAAD13のシェイクダウンでコケました。

登り勾配で地面の割れ目に砂利がたまっていて。
面白そうだから突っ込んでいったら縦溝にハマってコロン。
ナナナナーナナナナー
擦過傷少々。



練習していますと、落車があったり怪我をしたり。
色々とあります。切磋琢磨している以上。

それでも練習したくなる魅力がある未舗装路。
image

興味がある方、ちょいちょい練習しておりますので気軽に遊びに来てくれると嬉しいです。


お約束の猥談カレー
image


お疲れさまでした。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


昨夜のEMU。
なんか7と1で綺麗に纏まった感じのスクショが撮れてて少し嬉しい。
image

内容はまあまあ。
坂ですぐ千切れまして。第なんぼ集団か分からないですが、脚を温存せずに前へ前へ。
良い強度で練習できました。お疲れ様です。


唐突ですが、ホイール買いまして。
シクロ用にね。
今まではChrisKingハブにStansリム。そんな手組ホイールをOPEN U.Pに履かせていたんです。
今のヤツ↓
S__12501021

しかしちょっと重い。
あと、横剛性が弱い。反応が鈍い。
いや、それを帳消しにするほどのカッコ良さがあるんですけれどもね。

シクロクロスで使うにはちょっとアレだなーと。
勿体ないってのもあるし。オシャレだからね!

ということで、なんかホイールを買おうと思いまして。

条件としては…

・雑に使えるアルミ
・見た目そこそこ
・横剛性そこそこ
・軽さそこそこ
・お値段控えめ

こんなトコかな。

候補に挙がったのはフルクラムのレーシング5
でも内径が17かー。出来れば19以上がええなあ。

チューブレスで使用した際のエアボリュームのなんやかんやで、コーナのグリップに差が出てくる気がするから(適当に言うてます)。


じゃあ内径19のレーシング3や7はどうか?
Fulcrum - Racing (レーシング) 7 C19 DB 2-Way Fit ホイールセット
安いけどちょっと重い。

Fulcrum - Racing (レーシング) 3 ディスクブレーキホイールセット
ええやん。見た目も好き。
フロントアクスルは色々使えるんだっけ?

他ないかなーということで色々と調べていますと。


Marks「あるで」

!?


なんぞそれ!?


Marks「ワイが使ってるアレやで」


ああ、あのちょっとカッコよくないやつかwwww



スペックとお値段は?



え?ええやん!


ちょっと乗らせてー。


買うわ。


ということで買ったのがコレ。
AREXRIMS RXD3
上記リンクより抜粋スペック
アクスルサイズ:(F)9×100、12×100、15×100 (R)10×135、12×142
対応カセット:シマノ/スラム 8/9/10/11S
対応ディスクローター:6ボルト
参考重量:1550g

軽い。
レー3より軽い。
52,000円でこの重量
ヘタなカーボンより安くて軽い。

ほんで、フロントアクスルが色んなサイズに変換可能
12mmでも9mmでも15mmでも。

OPENのフロントには3Tのフォークが入っていて、15mmスルーなんですよ。
アタッチメントがあって色んなサイズに適合してくれるのはありがたい。


AREXRIMSのページを見てたら、前田公平選手のインプレもありました。
ALEXRIMS「RXD3」インプレ by 前田公平
要約すると、まあまあでそこそこ。ってことかな?


装着。
image


お?

全体像。
image

おお…
意外とええやん!

デザインもなんかカラフルなラインが控えめになってるし。

ほんで走ってみた感じ。
前述の前田公平選手のインプレのあの感じ。
まあまあでそこそこ。

コーナーでの剛性がそこまで高くない感じはするけど、やんわり受け流してくれる感じ。
シケインや階段での担ぎ、振り上げも軽い。

いや、コレ。お値段以上。
〇トリ!ナナテスカトリ?


よくよく考えたら、技術が無い私が高剛性のホイールで未舗装路コーナーに突っ込んで行ったら吹っ飛ぶよね。
これくらいが丁度ええのかも知れません。
上手い人が高剛性のホイール履いたらスパーンと曲がれるんだろうけど。

誰が履いてもそれなりに。そこそこ、まあまあ良い。これ大事。
そして雑に扱える価格。
いや、大金ですけれども。
BORAとかに比べたらまだ…ね。

普通にロードに履かせても良さそう。
高速コーナーはどんなか知らんけど。
たぶんちょっと柔らかさにストレスを感じそうな気はするかな。

比較対象次第だけど、5万円くらいでシクロでまあまあ使えるホイールとしてはイチオシです。
image

サンキューMarks!


ALEXRIMS RXD3

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


↑↑ローラー台・トレーナー特集

朝夕少し涼しくなってきたかな。
image


日曜日は砂利のコースの練習へ。

某レースに向けての個人練。
テクニックが皆無な私は滑り倒さんと上達せんのです。

砂利。めっちゃ怖い。
image


油断するとフロント荷重になり過ぎて、気を抜いてると滑っております。
なんなん。

みんなどうやって曲がってるん?

風が強くなってきたので、階段+砂利ダッシュをやって終了。
image

8の字をきっちり出来るようにならんと…。


出来ないなりに対策をして臨むはずだった冒頭に書いた某レースですが、諸事情によりキャンセルさせてもらう事に。
クロ高でも読んで元気出しましょう。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



↑↑ローラー台・トレーナー特集

筋肉痛です。
土曜日はがっつりと。シケイン飛びまくったり、ダッシュもしまくったり。
cx無題

BlogPaint

シクロ・グラベルの基礎練習。
BlogPaint


なんか肩こりが痛みに変わってきたなーと思っていたんですが、そういえばこの日フロントとられて大転倒しました。
曲がれると思っても曲がれないもので。
でも土の上だと痛くない(痛い)
受け身もとれたしなんとかなるなる。

そしてこの日は嬉しい事にLuc1さんが来てくれて。
アクエリアスありがとうございます。

ラストにスタート練10本ダッシュ。参加は自由。
image


この後に軽い熱中症。
Luc1さんにいただいたアクエリがぶ飲み。

通りすがりのおっさんにタイヤチョイスの話、シクロ界隈の話など聞いて。

そのおっさんとは別の。管理者のおっちゃんも元気そうでよかった。
最近見てなかったから心配してたんやと声をかけてくれて。

ありがたい話よね。

場所を使わせてくれて。地域に受け入れてくれて。
そして応援までしてくれる。

それも先達の努力の賜物。
繋いでいきたい流れ。


休憩中も距離とってくれたり、マスクつけてくれたりと、各々が気を付けててくれてて。

まったり、がっつり。各々のペースで練習しております。
見学だけでもお気軽に。


お昼ご飯はMarks。
image

image

よい補給。


お疲れさまでした。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



↑このページのトップヘ