ゆっくりで、ええんやで

チャリ漕いだり、カヤック漕いだり、釣りしたり、畑したり。 適度に田舎ライフをしつつね。 ゆっくりでええんやで。

カテゴリ: 自転車




今更感もありますが。買ってみまして。
ハッチンソンのFusion5なんちゃら大好きだったんですが。最近お値段上がり気味で。
せっかくだし、試したことのないタイヤを試してみようと思いまして。
コレ。
Vittoria CORSA SPEED G2.0 チューブレスレディ
IMG_2264


新型になって耐パンク性が向上だとか転がり抵抗がどうのとメーカーさんが言うてますが、要は乗った時の感じ。それが自分に合う合わないが大切かと。
タイヤの好みは人それぞれ。
走り方でも変わってきますし。知らんけど。

とりあえずメーカーさんが言うてるコルサスピード2.0のスペック。

■スペック

・サイズバリエーション(ETRTO):700x23C(23-622) / 25C(25-622)
・カラー:フルブラック
・タイプ:チューブレスレディ
・重量:225g(23C) / 240g(25C)

25Cで240gというと、愛するハッチンソンと同じくらいだっけ。


一応計ってみます。

…ファッ!?
IMG_2267


228g!?
キッチンスケールの制度とはいえ、これは軽い。
中身まちごてるんちゃうか?

パッケージから取り出し、手に取った感じも、ほんまにVittoria?相模ゴムちゃう?
っていうくらい薄い感じ。

不安になるくらいの軽さと薄さ。
耐パンク性の向上…

いやいや、まずは信じましょう。
武田鉄矢もそう言うてましたし。


まずはタイヤを綺麗に拭き掃除。
ほんでホイールにはめて石鹸水をビードにブッシャーーして。
コンプレッサーで一気にパコンポコンペキンパッキパキ。
っと、ビード上げてシーラント入れて。


以下、あまり参考にしないでください。

お。ええやん。
BORA WTO 45+新コルサスピード
IMG_2272


対してチューブレス化したボーラ。
BORA ONE 35 +FORMULA PRO TUBELESS Light
IMG_2273


45リムの方が軽くなってしもた。

参考にしないでください。って書いたのは
ボラワン35+IRCは既に実走していてタイヤもすり減っているだろうし、使っているTLバルブも双方違うから。


今回タイヤを買ったのはここ。なんかかなり安かったので。一本6,800
Vittoria (ヴィットリア) CORSA SPEED G2.0 コルサスピード フルブラック 700x25C チューブレスレディ

探せばもっと安いとこあるかも知れんけど、早く欲しかったってのもあってヤフーショッピング。


旧型はWiggleでかなり安く出ています。
Vittoria - Corsa (コルサ) Speed G+ グラフェンチューブレスレディタイヤ

この価格から【TYRE10】のクーポンコード入力でさらに10%引き。
その他クーポン対象のタイヤ↓↓
期間限定 / SALE のロードタイヤがさらに 10%オフ


まだ一回しか外を走ってないので何とも言えんけど、乗り心地は良いです。漕ぎだしも軽い。
お菓子で例えると、
HUTCHINSON FUSION 5 GALACTIK 11STORMは、マドレーヌ
Vittoria CORSA SPEED G2.0は、カヌレ
IRCは、どらやき(餡多め)
って感じかな。質感とか含め。



まだまだ使い込んでみないと良し悪しは見えてこないと思うけども。
もうちょい使ってみます。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ











善通寺市の大麻山です。
この日も朝陽がややイクラです。
IMG_2274


一本登ってちょっと下ってキャンプ場あたりから頂上ゲートまで20秒ダシュのインターバル8本。
久しぶりにインターバルやったけど、きっつい。
IMG_2275



お昼にちょっとお仕事で。お客さんトコ寄ったらおいしそうな桃をいただきました。
さすがプロです。
味も絶品。
IMG_2278

周囲で今年の桃は不作だと言われておりましたが、プロはしっかり仕上げてきます。
維持管理にかける手間の次元が違う。

ほんでマークスでお茶。リーダーおすすめの本を読みつつ。
IMG_2280



サイクリングエクスプレスの20パーオフクーポンが終了間近らしいです。
フレームやホイールとか対象なのかな。


ほんで日曜日が終わります。
IMG_2285


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





早朝、朝焼けの自己主張の強さ。
IMG_2247

城山リーダー練です。

相変わらずですけれども。前半はベスト1分落ち。それでも随分回復してきた感じがあり、納得は出来ないけれどなんかね。見えたような見えないような。多分気のせい。

豪華な面々に抜かれまくって、いつも良い刺激をもらえております。
IMG_2248



もう、暑さがヤバイ。
しかしながら皆様ちゃんと暑熱順応出来ているようです。さすが。

飯野山を映す空気も心なしか暑さでモヤっと見えます。
IMG_2251


夏場のトレーニングを楽しむためにも水だけではなく、発汗で失われるなんやかんやもきちんと摂取するようにしましょう。



↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







趣味で農家をやっているものです。こんにちは。
自然薯が調子良さそうです。
056


昨日の記事でも登場したGT-Roller M1.1にはPTZ (Pedaling Test Zone) 機能ってものがあるとかないとか。


PTZ…?

orzみたいなもんかな?

いいえ。なんかこんな感じらしいです。
↓↓↓
・【】内GROWTACさんのページより抜粋。無断でごめんなさい。

【PTZは負荷レバーを”3”の位置にし、ホイールスピードが”30km/h以下”の場合に有効になります。
ギヤをインナーにして、軽めのギヤで行ってください。
PTZで意識なしにペダリングした場合、上死点、下死点でペダルが引っかかる感じになり、ギクシャクしたペダリングになります。
下死点での踏みすぎ(タイミング遅れ)バックを踏む(引き足が使えていない)ペダリングを感じることが出来ます。 】
089


詳しくはGROWTACさんのページへGO!↓↓↓
PTZ機能について(GT-Roller M1.1)


難しいことはよくわからんけど 引っかかる感じ がなるべく無いようにやればええってことやろか?

大雑把な解釈です。


ご存知の方も多いと思いますが、私のペダリング、汚くて。
それを踏まえてね。ペダリングだけに


負荷を3にして…。
まずは何も考えずに、静寂のアポストルを熱唱しながら。

真下wwwwwwwwwこれは恥かしい
072



歌うのをやめて、ちょいとPTZを意識しながら。CMカットのトコまで。
あ、プライムビデオでワンパンマンを垂れ流しながらやってます。

こんな感じかな?んー?
あー。なるほど。えー??どういうことやろか?
って時のベクトル。
074


表示をワットじゃなくて効率にしとくべきでした。
またの機会にやり直します。

なんとなーく説明していることが分かってきたような…こういうことかなーって感覚でCMカット~エンディングまで。サイタマ強い。
076

綺麗に揃っているけど、途中で右の電池が切れただけです。コピー状態です。

ひどくて恥ずかしけれど…
ベクトルが若干ではありますが改善(?)されてきているような気がします。
GROWTACさんのページにある、お手本のような矢印には遠く及びませんし、数値も低いですが。

ただ、気になるのは矢印の方向がこうなるだろうなーって意識しまくってローラーしていたこと。
よって、上半身と下半身が上手く連動していませんでした。

全身を見ると、かなりちぐはぐな動きになっていたようにも思います。

もうちょっと意識して続けて、意識せずとも出来るようになるまで慣れていけば、全身を通しての効率も上がって不自然な感じもなくなるんだろうなーと。

三本ローラーでペダリング練習した方が手っ取り早い気がしなくもないですが、まだまだPTZのなんたるかを理解できていない状態ですし、やり方が合っているのかも怪しい次第です。

まだ手探り状態ですし、結論付けするにはやり込みが足りないと思いますので、しばらくPTZを意識してやってみたいと思います。

疑問点はグログロくんに聞いてみよ。
考え方の相違もあると思います。
なんか煮え切らないレポもどきですみません。
グロータック GT-ROLLER M1.1 トレーナー


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







レース前。多少の緊張はあると思います。緊張をほぐすためってのもあるけど。
いざ、よーいドン!のスタートで始まるわけだから、ドンの時点である程度体を動ける状態にしておくことが大切です。

久万高原ヒルクライムでは、会場周りの一部のコースをスタート前まで走れるようにしてくれてはいますが、この距離ではうまくアップできないって人も多いと思います。

私なんぞはアップしようがしまいが、順位に大差ないようなトコにいますが、出来ることはしとこうと。
体を温めて、怪我の防止にもね。

ってことで、今回はミノウラの3本ローラーとGROW TACのGT-Roller M1.1を持って行きました。

ミノウラ3本は折り畳みのできるモッズローラー。
折りたたまずともそのまま車に積めました。


GROW TACのGT-Roller M1.1

こちらはコンパクトに折りたためます。
256

組み立てに必要な六角と、水平器。
Carbon Motion Controller を付属のポーチに入れます。こういうのがついてくるのがありがたい。
258

コンパクトにまとまりました。
259


ほんで、いざセット。山の中のため、やや斜面になっています。
ローラー本体の調整ネジだけでは水平がとれないので、
1mm~3mm幅のベニヤ板を数枚積んできて正解でした。
ベニヤサンキュー!うまく水平とれた。
264


集中するリーダーを隠し撮り。
BlogPaint


私は…。
久しぶりに乗る3本。
274

無事に乗れてよかった。

アップのやり方についてはGROWTACさんのページにある、コチラを参考にしています。
西薗良太が教える「自転車競技のウォーミングアップ」

人それぞれ、アップのやり方は色々あると思います。

今回持って行ったM1.1が、リーダーの表彰台に1mmくらい役に立てなのなら、持って行った甲斐があるってものです。BlogPaint


ローラー置けない、持っていない場合は、近くを走って心拍上げるのも有効だと思います。
ほんま怪我とかの防止にもなるから、適度なアップはしときましょう。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





↑このページのトップヘ