ゆっくりで、ええんやで

チャリ漕いだり、カヤック漕いだり、釣りしたり、畑したり。 適度に田舎ライフをしつつね。 ゆっくりでええんやで。

カテゴリ: お得情報


↑↑ローラー台・トレーナー特集

以前書いたシマノの爆安グローブが着弾しました。
↓980円グローブもまだ僅かに在庫あるようです。



ほんで私が買ったのがコレの黒。


image

パッドの感じは好みが分かれるかもね。
image

サイズはこんな感じ。
おっさんの手のアップでごめん。お目汚しすみません。
Lで僅かに大きいかな?Mだと窮屈かも。ってトコです。
image

まあまあ使えそう。質感も悪くないですし、縫製もしっかりしてそう。
手首まであるのが嬉しい。


昨夜のEMU。Road to Ruins
嫌いなコースです。
ダート区間は好きなんですが、なんせ坂がきつい。
image


こぼれたところを拾ってもらって三人で回しながら、少しでも前へと走ります。
image


Zwiftレースではしばしば、交代アクション出しても誰も牽こうとしないという事が散見されます。
この時は違いまして。

誰もツキイチで楽をしようとしない三人。
ガンガン回してめっちゃキツイ。

前との差があり過ぎて、そして前も速すぎて。
結局追いつけはしなかったけど、とてもキツく、とても楽しい良い練習となりました。
ありがとうございます。

先頭集団に残りたいけど、どうせ千切れるなら千切れるまで全力。
というか、脚を休めようなら先頭集団には到底ついて行けませんけども。
image

千切れて拾われたところがよくわかるグラフ

楽しい実況配信を見ながら。

お疲れ様でした。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



↑↑ローラー台・トレーナー特集

朝夕、涼しくなってきました。
散歩も快適。
image



ちょっと前にグローブが安いって事を書きまして。
ほんで最後に、これは序章に過ぎない。って締めくくった事がありました。

そんなん知らんですよね。
ええんです。


序章から本章へ。


そこで紹介したグローブ。
予想通り、更に値下がりしました。




シュッとした感じのも随分値下がりしております。




※サイズ、カラーによって全然価格が違っていたりするのでご注意下さい。在庫切れたら上記リンクの価格やらなんやかんやも変わります。


ほんで本題。
火曜公式EMUレース。


いつも楽しい配信をありがとうございます。
今回の配信はウォークライドの山根社長をゲストにお迎えして。お話を伺いながら。
株式会社ウォークライド

コロナ禍でのイベントの在り方について。新しい動きが生まれて派生して。
とても前向きに捉えられておりました。


Zwiftレース中はそれどころじゃなかったけどね!

あー子氏と山根社長の話が全く頭に入ってこないほどのペース。
このコースレイアウトは好きなトコやーんってレース前は思っていたわけですよ。

蓋を開けたら地獄。恐ろしい速さでの巡行。
中盤あたり、4.5倍~で無念のツキ切れ。
見せ場ナシ。グラフ見ると千切れたトコが一目瞭然。
image


最終周回で、おんちさん達のグループに拾われます。
ちょっとだけ早駆けしてみます。
お、ええ感じで…。と思っていたら見事におんちさんに差されました。
image

先行する脚も差す脚もない。

ないない言うてても仕方ないので、練習方法をちょびっと見直さねばね。
出来ない部分が見つかるってのは大きな収穫でもありますし。

まずはコイツの組み立てから。
image

ネーミングが若干誤解を…。いや、なんでもございません。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


CRCで2000円offクーポン対象の商品が増えております。

【CRC】クリアランス商品更に2000円オフ
欲しいタイヤはサイズなし

昨夜のEMUはおろちさんによる怪談回。
おろちさんがZwiftレースしながら怪談するという新しい試み。


怖かった。
何が怖かったって、皆様の煽りコメントや後ろから迫りくる集団の臨場感。そしておろちさんの悲痛な叫びがとても良かったです。

みんな怪談を聞きながらなので、いつもならアタックかかるような場所でもひっそりとしてたり。
それも逆に怖いよね。

結局最終週の最後の坂でドロップ。
もうひと踏ん張れません。
image

モアパワー。



そうそう。チャリ買いまして。
image


つい、勢いで。
image


Cannondale
2021 CAAD13 Disc 105 Raphaエディション
image


写真の状態は完成車の状態から
アルテグラクランク
4iiii
ペダル
つけて9.1kg
軽くはないけど、いじり甲斐があります。

写真の状態だと
DT Swiss CR1600に35cのオールロード系タイヤにかえてたり。
FORMOSA入れてブレーキかえて。ステムかえてシートポストかえて。
コンポもかえて…。
と、これから多分色々変わっていくんでしょうけど。
短足民族なのでサドル高が悲しいことになってます。

足が長い人が乗るともっとかっこよくなるんだろうけど。

ずっとキビキビ走るアルミが欲しくて。
アレスプかCAAD13で悩んでたんですが、諸々なんやかんやで13に。

なんやかんや変えていったら8kgを切るくらいにはなるかな。
ちょっとずつ遊んでいこうと思います。

購入するにあたって、色んな人にお世話になりました。
ありがとうございます。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



↑↑ローラー台・トレーナー特集


うちにね。6ボルトのディスクローターが余ってまして。
image

で、遊ばせているホイールもありまして。
でもホイールはセンターロック。

ローターを買うのは高いしなー。

面白そうなアイテムがあったのでポチってみました。
image

6ボルト固定式のディスクローターを、センターロックに変換できるアダプター。
image


こんな感じで。
image


便利な世の中だねえ。
メーカーさんも良く分かってるねえ。
スラムのローターとも互換性アリ。これは。
image


でもね。
Amazonからの荷物を受け取った時、開封前から薄々気が付いていたんですよ。





重い
image


足回りにこんなもん付けられるかー!

ってことで、結局今しがたセンターロックのブレーキローターをポチった次第であります。


変換アダプター、欲しい人が居たら声かけて下さい。
ちゃんと調べないから…。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


昨夜のEMU。
なんか7と1で綺麗に纏まった感じのスクショが撮れてて少し嬉しい。
image

内容はまあまあ。
坂ですぐ千切れまして。第なんぼ集団か分からないですが、脚を温存せずに前へ前へ。
良い強度で練習できました。お疲れ様です。


唐突ですが、ホイール買いまして。
シクロ用にね。
今まではChrisKingハブにStansリム。そんな手組ホイールをOPEN U.Pに履かせていたんです。
今のヤツ↓
S__12501021

しかしちょっと重い。
あと、横剛性が弱い。反応が鈍い。
いや、それを帳消しにするほどのカッコ良さがあるんですけれどもね。

シクロクロスで使うにはちょっとアレだなーと。
勿体ないってのもあるし。オシャレだからね!

ということで、なんかホイールを買おうと思いまして。

条件としては…

・雑に使えるアルミ
・見た目そこそこ
・横剛性そこそこ
・軽さそこそこ
・お値段控えめ

こんなトコかな。

候補に挙がったのはフルクラムのレーシング5
でも内径が17かー。出来れば19以上がええなあ。

チューブレスで使用した際のエアボリュームのなんやかんやで、コーナのグリップに差が出てくる気がするから(適当に言うてます)。


じゃあ内径19のレーシング3や7はどうか?
Fulcrum - Racing (レーシング) 7 C19 DB 2-Way Fit ホイールセット
安いけどちょっと重い。

Fulcrum - Racing (レーシング) 3 ディスクブレーキホイールセット
ええやん。見た目も好き。
フロントアクスルは色々使えるんだっけ?

他ないかなーということで色々と調べていますと。


Marks「あるで」

!?


なんぞそれ!?


Marks「ワイが使ってるアレやで」


ああ、あのちょっとカッコよくないやつかwwww



スペックとお値段は?



え?ええやん!


ちょっと乗らせてー。


買うわ。


ということで買ったのがコレ。
AREXRIMS RXD3
上記リンクより抜粋スペック
アクスルサイズ:(F)9×100、12×100、15×100 (R)10×135、12×142
対応カセット:シマノ/スラム 8/9/10/11S
対応ディスクローター:6ボルト
参考重量:1550g

軽い。
レー3より軽い。
52,000円でこの重量
ヘタなカーボンより安くて軽い。

ほんで、フロントアクスルが色んなサイズに変換可能
12mmでも9mmでも15mmでも。

OPENのフロントには3Tのフォークが入っていて、15mmスルーなんですよ。
アタッチメントがあって色んなサイズに適合してくれるのはありがたい。


AREXRIMSのページを見てたら、前田公平選手のインプレもありました。
ALEXRIMS「RXD3」インプレ by 前田公平
要約すると、まあまあでそこそこ。ってことかな?


装着。
image


お?

全体像。
image

おお…
意外とええやん!

デザインもなんかカラフルなラインが控えめになってるし。

ほんで走ってみた感じ。
前述の前田公平選手のインプレのあの感じ。
まあまあでそこそこ。

コーナーでの剛性がそこまで高くない感じはするけど、やんわり受け流してくれる感じ。
シケインや階段での担ぎ、振り上げも軽い。

いや、コレ。お値段以上。
〇トリ!ナナテスカトリ?


よくよく考えたら、技術が無い私が高剛性のホイールで未舗装路コーナーに突っ込んで行ったら吹っ飛ぶよね。
これくらいが丁度ええのかも知れません。
上手い人が高剛性のホイール履いたらスパーンと曲がれるんだろうけど。

誰が履いてもそれなりに。そこそこ、まあまあ良い。これ大事。
そして雑に扱える価格。
いや、大金ですけれども。
BORAとかに比べたらまだ…ね。

普通にロードに履かせても良さそう。
高速コーナーはどんなか知らんけど。
たぶんちょっと柔らかさにストレスを感じそうな気はするかな。

比較対象次第だけど、5万円くらいでシクロでまあまあ使えるホイールとしてはイチオシです。
image

サンキューMarks!


ALEXRIMS RXD3

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑このページのトップヘ