ゆっくりで、ええんやで

チャリ漕いだり、カヤック漕いだり、釣りしたり、畑したり。 適度に田舎ライフをしつつね。 ゆっくりでええんやで。

タグ:トレーニング



最近また末尾のシゲタをポチっとしてくれる方が増えてきていて嬉しいんです。
こんなくだらない落書きのようなブログを読んでくれてありがとうございます。

さて、11月も最終日。12月かー。早い。
ついこの間、明けましておめでとうって言うてた気がするのに。
外はどんどん寒くなっていくばかり。

そんな寒い日でも屋内でぬくぬくトレーニング。
ローラーです。ぬくぬくどころか、窓開けて扇風機をフル回転でも汗だくになります。

ちょっと前に購入したGTローラーのM1.1
GROW TAC GT-Roller M1.1買いまして。

こいつが素晴らしくて。
負荷を上げてもそんなにうるさくない
今まで使ってきたローラーの中では一番静音です。
ダイレクトドライブとかに比べるとそりゃ劣るだろうけど。

ダイレクトドライブに勝っている点と言えば、実走感
ハイブリッドローラーの長所ですね。

以前使っていたミノウラのFG-540より、フロントの支柱がフニャいんです。良い感じで。
ローラーしていると、サークルの際までハナ(犬)が来て、相手して欲しそうに待っているんです。(待っていない)
ローラー上から見た図
003

そこで手を伸ばすと転びそうになります。実際転ぶことは無いんだろうけど。

ちゃんとバランスをとって、きちんとペダリングしないと!って事を自然に思わせて
くれるのがM1.1
事実、腰回りの一部が軽い筋肉痛。ちゃんと使えてなかった筋肉があったんでしょうね。
新たな発見です。

これは楽しい。
楽しいと言っても、ローラーはローラー。キツイし、実際のとこはそんなに楽しくないし。
結果で踏まえて、あれやこや考えるのが楽しいという意味で。


M1.1、ほんま買って良かった。


↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

竜王山のお話の途中ですが、Amazonで結構な割引&クーポンが出ていますのでお知らせ。


AMA10

※2018年10月21日(日)23時59分(日本時間)まで。
ランニング特集とあるけど、チャリやトレーニングに使えるアイテムもたくさん。
アミノ酸とかも。
リンク→秋のランニング特集


VAAMやSAVASもかなりお買い得。
スポーツドリンク・プロテイン


私の愛用しているSKINSMIZUNOのコンプレッションウェアも割引やクーポン適用されてて早速ポチっと。
ランニングウェア
Skinsはチラホラ10%OFFクーポンもあったり。
でも、ものによってはWiggleの方が既に安かったりするので慎重に。



冒頭のリンクからだと、割引率で検索できるのもええですね。

週末に悪天候が続きそうです。
屋内トレーニングの効率とモチベーション上げるために、ちょっと物色してみます。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



昨晩フラッと外に走りに行くと、お仕事帰りのあのお方に遭遇。
009


ローラーばかりじゃ寂しいからね。


ほんで、そのローラーのトレーニングのやり方を見直そうと思って。
もともとたいしたトレーニングも出来ていないけれど。

ほんで、これを買いまして。
はい、みんな大好きインザスカイSANOさん。
佐野淳哉 レースで勝負する&結果を出すためトレーニング
010


私自身レースとは縁遠いホビーライダーですが、トレーニング方法を学びたくて。

見ました。
011

あまり喋りが得意でなさそうな感じもええですね。

このDVDの良いところは、どういうトレーニングをこうしてやり遂げるとかではなく。

時間の取りにくい人のためのトレーニング方法。
sano1


そしてその場合のトレーニングにおいて陥りやすい点
sano2


まさにこの、注意点が私に当てはまっていまして。
これは見といて良かった
ありがとう佐野さん。
ありがとうインザスカイ。

トレーニング内容に関してはトレイニーなら知っているような事が中心です、やはりこの注意点の説明がよかったです。あと、佐野さんならではのポジショニングやその理由とか。喋りは上手ではないけど、なんか分かりやすい。
販売物ですので詳しく内容を書くわけにはね。

前提として、パワートレーニングをかじった程度の知識はあった方がええと思います。
インターバルトレーニングとか10分走とか。そういう単語が理解できる程度でええです。
あとローラーとパワーメーターがある環境。

ツイッターで大人気の佐野さんがまじめに解説してくれます。


出来ることからしっかりと。継続させていこ。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポーツ - 自転車

↑このページのトップヘ