ゆっくりで、ええんやで

チャリ漕いだり、カヤック漕いだり、釣りしたり、畑したり。 適度に田舎ライフをしつつね。 ゆっくりでええんやで。

タグ:GT-Roller





朝夕暖かくなってきました。
日中は暑いくらいの日も。
IMG_0439



ご存知の方も多いと思うんですが、私ね。
足が短いんです。

GTローラーQ1.1。
良いローラーです。


ローラー自体に厚みは当然あるわけで。

たかが数センチ。されど数センチ。


ローラーに乗るときにちょっと頑張らないと、床からローラー上のチャリ跨ごうとすると大変。
おっとっと。


逆にも言えることで。

ワークアウト終わって。まだローラー回ってるけど、足着きたい。
クリートはずして左足で床を探します。

床が遠い

バランス崩してちょっとハンドルが切られる感じになりまして。

それがブレーキかけたのと似たようなことになったんでしょうね。
後ろに発射されまして。

タイヤ痕
IMG_0413

TENGAのシルエットかな?

幸いにも後方が壁だったので、トン。と軽く当たっただけで惨事には至らなかったんですけれど。
面白くなくてすみません。

ペダリングの邪魔にならないステップでも置くかな。
短足に定評のある方、なにか良い方法あったら教えて下さい。


外出がなんやかんやなのでローラー台が品薄のようです。
ブラックフライデーより安い。

Tacx - Neo 2 スマートトレーナー
でも品切れ。再入荷してもこのお値段だったら相当安いと思います。
というか、wiggleのスマートトレーナー、軒並み在庫ないですね。

世界中がなんやかんやですし。


そんな世の中でも日本が誇るGTローラー。

Amazonの在庫も少なくなってますね。
すぐ復活するような気もするけど。

おススメです。

全種スマート化できます。

GROWTAC社製品の何がオススメかというと、なんせサポートがすっげーの。
対応が迅速過ぎて逆に恐縮するレベル。
ユーザー目線で話が通じる点もありがたい。

ビジネスマンと話している感じじゃなく、職人さんと話している感じ。
意図をくみ取ってくれまくり。
アフターの手厚さは最高です。

製品のクオリティが素晴らしいのはもちろんのことで。


GTペン立てほしい。

商品化されんかな

GTローラー用のステップも…(小声)
なんか良い方法ないかなー

作るか。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






ちょっと前にGTローラーQ1.1を買って、楽しく乗ってたりしてまして。



そんな折。
GROWTAC公式Twitterのグログロ君が、華の金曜の夜更けにこんなことを呟いておりまして。


秒でポチっと行きました。
そして一瞬でキャンペーン枚数終了。
良い製品はすぐ売れます。

ほんで昨日着弾。
IMG_9480


eBoxと
IMG_9481


ePowerです。


IMG_9482




これらが25%オフとか破格。

ザックリとした説明書がついています。
だからこそシンプルで読みやすく分かりやすい。

ヴン…IMG_9485


ヴヴン
IMG_9487



これらで何が出来るかって言いますと、
GROWTAC社製のローラーと組み合わせることによって、Zwift等の仮想空間アプリ内での走行路面の斜度を再現して、ローラーに自動で負荷をかけてくれる装置。

ってだけかと思ってたらね。更に凄いこともありまして。

無事Zwiftにも接続。
IMG_9488


ほんでちょっと乗ってみたんです。
おおー。
反応速度も良くてスムーズに変わる!
すっげー。

と思っていたら、なんかZwiftの画面では平地で、斜度0%と表示されてるのに、ちょいちょい僅かに負荷がかかるなーって気がしまして。

一通り回し終えてTwitterをひらきますと。
某いぶし銀なOさんも同じ印象を抱いていたようでして。
BlogPaint


的な会話をしてますと。
BlogPaint

すげえよグログロ君。即レスで詳しくありがとう。

ほんで明けて、さっき。
FullSizeRender

仕事がむちゃんこ早い。そんでもって内容も凄い。
GROWTAC社製品を愛してやまない理由のひとつ。


おそらくTacxでもそういった機能はついているんでしょうけど、なんかGTのほうは自然に実感出来るというか、スムーズというか。
そのへん意識して今夜も乗ってみよう。
※TacxはTacxで方向性が違うから、悪いって訳ではないです。こちらも良い製品。

製品も対応も、会社としてもほんま素晴らしいと思います。
M1.1で負荷抜けする時の対処法の相談した時も、対応めっちゃ早くてびっくりしたし。
【超簡単】GTローラーM1.1の不具合と改善方法。

GROWTAC社製品。
面白くて質が高いのでこれからも楽しませてくれそうです。
IMG_9491

配線スッキリさせたい。
というか部屋のレイアウトをかえたい。
いや、まずはQ1.1用のマットかな。

なにはともあれ、グログロ君に感謝感謝です。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






GT-Roller Q1.1を購入しました。
通称4本ローラーと呼ばれているモデルです。
103


  • 前提として

インプレって程でもないけど、数回乗った感想をつらつらと書きます。
きっと使っていくうちに印象も変わってくると思います。
話半分。それくらいの感じで斜め読みしてくれたら助かります。



静音性については先人たちのインプレがたくさん出ていますので割愛します。



  • 乗りやすさについて

実際簡単に乗れます。
ミノウラの3本ローラー、モッズローラーと比較すると遥かに乗りやすい。
恐怖心0。それは3本乗れるようになっているからってのもあるかも知れません。
004


  • 乗りやすいからどうした?

乗りやすいが故に、自分の体重がどの位置に乗っかって、ペダルを回す力がどの方向にかかっているのか。
容易に感じ取ることが出来ます。
不自然な力のかけ方をするとバイクがきちんと不自然な動きをしてくれます。

そしてそれらを試行錯誤しながら回せる余裕があります。
それが最大の利点かな。

3本でも練習出来る内容だけど、下手くそな私には上記のように考えながら3本乗る余裕は多分ありません。

しかしながら、Q1.1なら頭で考えつつ、なんやかんや体の位置や動きを試しながら色々出来ました。
ダンシングでは無駄パワーが下に逃げていっているのが顕著にわかって悲しい。それくらい容易に乗れます。
落車の不安はなく、片手を離して汗を拭いたりドリンクを飲むこともできます。

  • M1.1と比較してみて

実走感という点においてはM1.1もそこそこ。静穏性もそこそこ。
重心、バランスを感じとれるかという点においては圧倒的にQ1.1。


ただ、ダンシングでフルもがき等、シッティングで高負荷かけまくるような練習はM1.1の方が向いています。
シッティング700Wくらいは安定して出せますが、それ以上となるとビビってしまってまだ試せていません。
※ダイレクトドライブとの比較は方向性が違い過ぎるので、一旦置いときます。


099


  • とりあえずの総括

どのタイプのローラーもそれぞれ方向性が違いそれぞれ良さがあると思います。

Q1.1は自分が自転車の、どこにどう乗っているか。
丸裸にされます。
それを試行錯誤しつつ、乗車時のフォームやペダリングスキルの向上に重点を置く練習に最適かな。
ベースのスキルがなくても。
そう思わせてくれるローラーでした。

体幹がしっかりして、スキルもあるという人は、きっと3本でも4本でも、そこまでの違いは感じないかもしれません。

Q1.1はひとつ上のプラクティスを、万人に授けてくれるアイテムという感じです。
102

まだまだ色々なトレーニングにも使える可能性を感じたので、もっと乗り込んで、上手に活用できるようにしていこうと思います。



他にどんな練習方法が向いているんだろうと思い、様々なインプレ記事にアクセスしてみたんですが目新しい情報が薄く感じまして。私のこの記事もそうですけれども。
もう一歩踏み込んだトレーニング方法とか。自分で模索しろって話でもあるんですけどね。
GROWTACさんのQ1.1に対する社内評価や、開発に関わった方々の見解等が少しでも分かればなーと思うんですが、書籍化されていたりネットの海で見かけたよ!って方がいれば教えて下さい。

↓↓シゲタ↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



↑このページのトップヘ